大豆(枝豆)の種まき 〜直播きよりポッドの方が鳥被害に遭いにくい

大豆(枝豆)の種まき



大豆は枝豆なので、豆としては枝豆を撒きます。

時期はGW明けくらいで、25度を下回らない気候になってから。

種を土を入れたポッドに、2cmほど土を被せて2-3粒づつ撒きます。

2-3粒づつ蒔いた方が、発芽率が上がるそうです。

また、直播きだと鳥に食べられてしまうこともあるので、ポッドに植えて発芽をしてから畑に移した方が確実です。


大豆(枝豆)をポッドに植える

ポッドに入れた土に割り箸などで穴を作り、大豆(枝豆)の種を植えていきます。

大豆(枝豆)の種まき
子ども達に手伝ってもらい、穴に種を入れていきます。

土を被せて水をしっかり染み込ませます。

これで完了。

あとはしっかり水やりをして発芽を待ちましょう。

 

→ 大豆(枝豆)の発芽

大豆/枝豆の発芽 〜ポッドに植え、不織布のトンネルで保温と鳥被害を防ぐ