パラパラで簡単にすぐに使える冷凍大豆(水煮、煮豆)のつくりかた

大豆の煮豆をどんな料理にでもすぐに使いたい!


大豆を煮豆にして冷凍するコツ

大豆の煮豆は、どんな料理にでもすぐに入れて使うと、すぐに大豆を撮ることができます。

でも、大豆の煮たものをそのまま水煮の状態で保管しておくのは、あまり日数がもちません。

かといって冷凍しておくと、大豆がくっついてしまって、簡単につかうことができません。

そこで、大豆を水煮してから冷凍保存しておく過程で、

1粒1粒の大豆をパラパラの状態で冷凍しておく


ことで、いつでも使うことができる便利な大豆に変身します!



パラパラで簡単にすぐに使える冷凍大豆(水煮、煮豆)のつくりかた


これを参考にしたのは、ミンチ肉が冷凍でパラパラの状態になっているものを見てからです。

水煮の大豆もそのようにすればいつでも手軽に使える!と思ってやってみました。

大豆の水煮を作る


通常のように大豆の水煮を作ります。

ざるに上げて水を切る


大豆の水煮ができたら、大豆をざるにあげて10分ほど放置します。

時間がない方は、キッチンペーパーなどで包んで水分を取ってもよいです。

半冷凍室に入れる


半冷凍室で3~5時間ほど凍らせます。

半冷凍室の温度にもよりますが、少し凍る程度になるのを待ちます。

再度ざるに取り出し、冷凍した大豆をほぐします


半冷凍の状態で数時間だと、まだ手でほぐれるような状態です。

大豆を掴むようにざるの上で1粒1粒がバラバラの状態になるようにします。

再度、半冷凍に入れます


再度、半冷凍室に入れます。

これであとは冷凍するのを待ちます。

本冷凍する場合


このまま使うには、使うときに少し力を加えると簡単にほぐれます。

このほぐれた状態で、本冷凍します。

すると、1粒1粒が凍った状態になります。

大豆を煮豆にして冷凍するコツ

この状態になれば、

料理に、ちょっと大豆ひと掴み入れる


ということができます。

ですから、どんな料理でも、少しボリュームが少なかったら、

ちょっとひと掴み、大豆を入れてみよう


とボリュームを増やすことができます。

私はほとんどの料理をこの状態で使っています。

ぜひお試しください!

パラパラ大豆のトッピングレシピ


パラパラ大豆を使ったレシピはこちら!

簡単に大豆がトッピングできます。