大豆に反応するアレルギーについて

大豆アレルギーは、大豆(大豆タンパク質)を食べたときに出る身体の反応で、身体を守るために過敏に反応する症状です。

主に、「かゆみ」「じんましん」「咳」などが出ることが多く、思い症状になると「意識がなくなる」などの反応が出ることもあるそうです。

大豆アレルギーに限らず、食物アレルギーは有効な治療法がないため、「食べない」ことで防ぐしかありません。

ですから、厚生労働省は確認しているいくつかの品目についての食物アレルギーについて、表示の義務化を行っています。

厚生労働省の食物アレルギーに関するページ

大豆やそれに関連する食品を食べてアレルギー反応が出た場合には、すぐに病院でアレルギーに関する検査を受けて、アレルギーの特定をしましょう。

このサイトでは、大豆に関する情報を提供するサイトとなっているため、大豆アレルギーの可能性がある方は情報について十分に注意いただくと共に、当サイトの情報はあくまでも個人の責任の元にご判断・ご利用いただくことをお願い致します。



大豆のこと
 >> 大豆の栄養と効能大豆アレルギー大豆摂取量の注意